2016年05月25日

「フェスタ県文2016」を振り返る 5/7・ダンス・演芸部門

ジャンル、世代を超えて。
県内のアーティストが集う「フェスタ県文2016」が、ゴールデンウィーク3日間、盛大に開催されました。
総出演52組529名が、日頃の成果を発揮しました。

1.こしゃっぺ村 車イスダンス部(ダンス)
3回目の出演。家族・ボランティアも一丸となって、フェスタ県文に挑戦。今年はアラビアンナイトの曲に合わせて車椅子ダンスを披露しました。
09こしゃっぺ718A1193-3日目-220.jpg

2.踊らんかい・舞衣(創作ダンス)
健康のために始めた創作ダンスが、生活の一部になったという創作ダンスのチーム「踊らんかい・舞衣」。スクール・ウォーズのテーマ曲「ヒーロー」と「愛しい甲斐路」の2曲にあわせて披露。
10踊らんかい718A1222-3日目-305.jpg

3.アルファラーシャ・アスワーダ(ベリーダンス)
2月から4ヶ月の間、コラニー文化ホールでベリーダンスのワークショップを展開。今回のフェスタ県文のステージは、卒業式に当たる。講師オリジナルのフュージョンスタイルを合わせた演目で構成され、練習の成果を発揮しました。
11アルファラーシャ718A1248-3日目-361.jpg

11アルファラーシャBC6A0842-3日目-337.jpg

4.ルアナ日下部 加納岩プルメリア(フラダンス)
連続出場中のフラダンスチーム。素敵なお婆ちゃまの踊りを見よう見まねで始めたという孫達も出場した。出演メンバーの年齢差は70歳以上。かわいい孫達も大人顔負けのフラダンスを披露しました。
12ルアナ718A1249-3日目-373.jpg

12ルアナBC6A1025-3日目-459.jpg

5.長唄初音会 ジュニア部(長唄)
小学生・中学生・高校生のジュニア部での参加。始めたばかりの子供は初々しく可愛らしく、経験を詰んだ子は確実に上達していました。お母さん達もステージの舞台脇で歌い、思い出に残る演奏会になったはず。高校生も応援出演。
13初音会718A1294-3日目-514.jpg

6.maaya Oriental Dancers(ベリーダンス)
ベリーダンスチーム。今回の目標は、「女性にしか出来ない美しく優美な振る舞いをBerry Dance」を通じて表現する事。演技を終えた出演者の表情は、皆清々しく納得した演技が出来たことは聞くまでもなかった。曲に合わせて5曲を披露。
14MAAYABC6A1229-3日目-565.jpg

14MAAYABC6A1315-3日目-612.jpg

7.だりあ(ジャズダンス)
オリジナルのジャズダンス作品を自分たちで創作、記念すべき第1弾の作品を故郷の山梨で披露。広いステージが小さく見えるほど全身で表現。
15だりあBC6A1325-3日目-621.jpg

15だりあBC6A1358-2-3日目-632.jpg

8.Belydance studio Blossombelly(ベリーダンス)
まるでオアシスにいるかのような、まるで砂漠に咲く一輪の花のような、神秘的なムードを漂わせベリーダンスを披露。チーム一丸でアサヤ(棒)を使っての踊りは圧巻でした。女性のたおやかさも美しく表現。
16blossom718A1374-3日目-679.jpg

16blossomBC6A1383-3日目-647.jpg

9.ワタナベダンススクール(社交ダンス、ジャズダンス)

仕事帰り、子育て、親の介護と年齢も家庭も違うメンバーが集まりフェスタ県文に参加。今回は、「パイレーツ・オブ・カリビアン」や「マイケル・ジャクソン・メドレー」など4曲、軽快な音楽に合わせて踊りました。
17ワタナベ718A1432-3日目-699.jpg

17ワタナベ718A1495-3日目-742.jpg
posted by ミルケ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ミルケ県民ステージ

「フェスタ県文2016」を振り返る 5/7・ニューミュージック部門

ジャンル、世代を超えて。
県内のアーティストが集う「フェスタ県文2016」が、ゴールデンウィーク3日間、盛大に開催されました。
総出演52組529名が、日頃の成果を発揮しました。

1.乙顔啓子(オリジナルポップス)
ライフワークとして始めた歌作りは今年で6年目に突入、37曲の歌が生まれたという乙顔啓子さん。愛おしく大切な宝物の中から選んだ5曲を想いを込めて熱唱しました。
01乙顔BC6A0022-3日目-6.jpg

2.タローのギター弾き語り
(ギター弾き語り)
老人ホーム、デイサービス、夏祭りで動揺、ナツメロ、ハワイアンを日頃、演奏している。今回は大人の渋さがにじみ出ていました。
02タローBC6A0059-3日目-12.jpg

3.横内くん(ギター弾き語り)
アコースティックギターの弾き語り。学生時代は東京に住んでいたという横内くんは、60年代から70年代にかけて溢れていたフォークソングを、当時を思い出しながら5曲を熱唱。
03横内BC6A0089-3日目-24.jpg

4.浅利誠一郎(ギター弾き語り)
去年に続き2回目の出演。音楽を通して、希望や励ましを一人でも多くの人に届けたい一心で、浅利誠一郎さんの独特な音楽表現でゆずの「栄光の架け橋」含め3曲を熱唱。
04浅利BC6A0110-3日目-29.jpg

5.エスト・モンターニュ(バンド)
「エスト=東、モンターニュ=山」というバンド名の通り、東山梨方面で活躍中のエレピとドラムの二人組。昭和の香り漂う曲調に詩音のボーカルがマッチしていました。
05エストBC6A0156-3日目-42.jpg

6.deLmo cLass(バンド)
「継続は力なり」を座右の銘に大人になりきれない3人組がビートルズの「オブラディ・オブラダ」やオリジナル曲を4曲披露。結成28年目に突入した3人はどこまで突き進んでゆくのか今後も期待大!
06delmoBC6A0231-3日目-61.jpg

06DELMOBC6A0287-3日目-80.jpg

7.Shines シャインズ(バンド)
S☆1グランプリ ニューミュージック部門第1位

安定感抜群、ニューミュージック部門トップとなったシャインズ。歌番組やカラオケ全盛期に育ったこともあり誰もが知っている5曲を演奏。オープニングで歌った「the rose」は演出効果も決まり、聴衆の心を魅了しました。
07シャインズ718A1160-3日目-91.jpg

07シャインズBC6A0342-3日目-96.jpg

8.加賀美悠二郎(バンド)
2014年3月スガシカオ弾き語りツアーで甲府にてオープニングアクトをつとめた実力者。歌だけではなく、カメラマンとしても大活躍の加賀美悠二郎さんは、自身初のアコースティックアルバム「そろそろ髪を切らなくちゃ」を引っ提げ、ライブを行いました。
08加賀美718A1179-3日目-176.jpg

08加賀美BC6A0530-3日目-168.jpg

2016年05月23日

「フェスタ県文2016」を振り返る 4/29・ニューミュージック部門

ジャンル、世代を超えて。
県内のアーティストが集う「フェスタ県文2016」が、ゴールデンウィーク3日間、盛大に開催されました。
総出演52組529名が、日頃の成果を発揮しました。

○4月29日(金・祝)ニューミュージック部門

1.赫夜(バンド)
初出演。尺八、サックス、ピアノ、ベース、ドラムによる和風インストバンド。ジャズ、フュージョン、ロック、クラシック等の多様なテイストを取り入れたオリジナル曲を3曲演奏。
13かぐやSSC_5214-2日目-1589.jpg

2.THE SOUND KITCHEN Dx,48(バンド)
初出演。日頃、活動している2つのグループが、この日のために特別編成で演奏。ビートルズ等の曲を披露。
15soundSSC_5246-2日目-1627.jpg

15SounSSC_5263-2日目-1653.jpg

3.夢んちゅ(バンド)
S☆1グランプリ ニューミュージック部門 第2位

初出演。三線、ギター、ヴァイオリンの3種類の弦楽器が織り成す沖縄音楽のオリジナル曲を演奏。日頃から多くのコンテストで成果を残す実力をみごとに発揮し、S☆1グランプリでも受賞。
16夢んちゅSSC_5284-2日目-1684.jpg

4.Tune Box(バンド)
初出演。ポップス、バラード、ボサノバなどオリジナル曲4曲を披露。
16TuneboxSSC_5332-2日目-1754.jpg

16TuneboxTOY_3988-2日目-1746.jpg

5.666(Triple Six)(バンド)
S☆1グランプリ ニューミュージック部門 第3位

すっかりお馴染みとなった山梨県唯一の聖飢魔Uコピーバンド。今回は、メンバーが少し変わったが、相変わらずの完成度で4曲披露。
17666SSC_5367-2日目-1787.jpg

17666TOY_4049-2日目-1806.jpg

6.LALLA PALLOOZA(バンド)
お馴染みとなったオヤジロックバンド。若者に負けないパワーを見せてくれました。アメリカンロック4曲を披露。
18LALLASSC_5474-2日目-1883.jpg

18LALLASSC_5467-2日目-1880.jpg

「フェスタ県文2016」を振り返る 4/29・ダンス・演芸部門

ジャンル、世代を超えて。
県内のアーティストが集う「フェスタ県文2016」が、ゴールデンウィーク3日間、盛大に開催されました。
総出演52組529名が、日頃の成果を発揮しました。

○4月29日(金・祝)ダンス・演芸部門

1.Emiフラスタジオ モアナ・ナニ(フラダンス)
笑顔がたえない和気あいあいの教室。フラを始めて半年という人も大勢いて緊張しながらも楽しんで踊りました。
01EMISSC_3184-2日目-10.jpg

01EMISSC_3211-2日目-35.jpg

01EMITOY_3303-2日目-63.jpg

2.坂東流 栄の会(日本舞踊)
仲良しの先生から教えてもらっての初出場。何年かぶりにカツラと衣装を着けてのステージを楽しみました。
02栄の会TOY_3322-2日目-117.jpg

02栄の会TOY_3333-2日目-124.jpg

栄の会TOY_3363-2日目-139.jpg

3.Aloha Hula ‘Ohana(フラダンス)
S☆1グランプリ ダンス・演芸部門 第3位
初出場。このステージのために「ハウオリ」「スマイル」「ハート」「アーヌエヌエ」という4グループ合同で家族(オハナ)の絆で踊りました。
03OhanaTOY_3385-2日目-202.jpg

03OharaSSC_3324-2日目-167.jpg

4.Tuna Belleydance Troupe(ベリーダンス)
この世を構成する4つの元素(火・水・風・土)をテーマに命を生み出す女性の美しさ、力強さ、柔らかさを表現。パワーあふれるダンスを披露。
04TsunaSSC_3444-2日目-269.jpg

04TsunaSSC_3477-2日目-287.jpg

04TsunaSSC_3735-2日目-496.jpg

5.瑞穂流 瑞穂会(日本舞踊)
玉穂にある稽古場で古典舞踊・新舞踊・民謡の稽古に励んでいるみなさん。3人が舞を披露。
05瑞穂会TOY_3486-2日目-517.jpg

05瑞穂会TOY_3507-2日目-534.jpg

瑞穂会TOY_3534-2日目-557.jpg

6.ハーラウ カヴァイオラー イ カ ヒキナ山梨(フラダンス)
東京に本拠地を置く美しいスタイルのフラスクール。新たにタヒチアンスクールも開講。今回はフラとタヒチアンダンスを披露。子どもたちも頑張って踊りました。
06イカヒキナSSC_3808-2日目-617.jpg

06イカヒキナSSC_3838-2日目-656.jpg

7.瑞穂会 春景会(日本舞踊)
踊りを心の支えとし、毎日の生活を楽しむように稽古してきた成果を存分に披露。
07春景会TOY_3628-2日目-693.jpg

07春景会TOY_3663-2日目-719.jpg


8.扇屋文雀(演芸)
S☆1グランプリ ダンス・演芸部門 第2位
落語家・林家正雀氏を弟に持つ文雀さん。出身地大月にある地名(猿橋・鳥沢・犬目)が残る桃太郎伝説を題材に落語・人形劇・南京玉簾・踊りを披露。客席を大いに沸かしてくれました。
08扇屋SSC_3890-2日目-735.jpg

9.ナーラウ ナープア マイ カ ラニ イアーパナ(フラダンス)
S☆1グランプリ ダンス・演芸部門 第1位

今年2月に亡くなられた恩師であるクムフラ・カレ・パワイへの追悼の意を込めて総勢30名での愛を込めたダンス。アロハ・スピリッツを会場に届けてくれました。
09イアーパナSSC_3978-2日目-796.jpg

09イアーパナTOY_3730-2日目-912.jpg

10. スラヴァ・プリマヴェーラ バレエ教室(クラシックバレエ)
3歳から大人まで15名のメンバーが「くるみ割り人形」第2幕を披露。緊張感と戦いながら頑張ったステージ。
10プリマヴェーラSSC_4161-2日目-971.jpg

10プリマヴェーラSSC_4210-2日目-1014.jpg

11. ベッスィー フラスタジオ(フラダンス)
ハワイ島出身のベッスィー杉山先生の指導のもと、優雅な大人なフラ5曲を披露。
11ベッスィーSSC_4253-2日目-1051.jpg

11ベッスィーTOY_3802-2日目-1043.jpg

12. 楽しくダンシング・みんなでダンシング・Let’s Goダンシング
(ジャズダンス)

幼児から大人までダンスを愛するメンバー総勢155名が終結。ノンストップで50分、かわいく、明るく、かっこいいステージを披露。
12楽しくSSC_4532-2日目-1211.jpg

12楽しくSSC_4674-2日目-1295.jpg

12楽しくSSC_4732-2日目-1330.jpg

12楽しくSSC_4757-2日目-1342.jpg

12楽しくSSC_4865-2日目-1398.jpg

12楽しくSSC_4927-2日目-1431.jpg

12楽しくSSC_5011-2日目-1478.jpg

12楽しくSSC_5139-2日目-1547.jpg

12楽しくSSC_5191-2日目-1575.jpg

「フェスタ県文2016」を振り返る 4/17・クラシック部門

ジャンル、世代を超えて。
県内のアーティストが集う「フェスタ県文2016」が、ゴールデンウィーク3日間、盛大に開催されました。
総出演52組529名が、日頃の成果を発揮しました。

○4月17日(日)クラシック部門

<1>フルート友の会(フルート・アンサンブル)
S☆1グランプリ クラシック部門 第2位
コラニー文化ホールで開催されたワークショップから誕生したグループ。今回はパーカッションを入れたりしてJ-POPのヒット曲と映画音楽4曲を披露。
01フル友TOY_0012-1日目-25.jpg

2.飯高早苗(独唱)
フェスタ県文出演を目標に歌のレッスンに励んでいる飯高さん。一青窈、中島みゆき、ホイットニー・ヒューストンのナンバーを披露。ピアノ伴奏は金森雅枝。
02飯高TOY_0030-1日目-38.jpg

3.山上浩幸(クラシックギター演奏)
今回お一人で参加。東京フィルハーモニー交響楽団との共演経験もあるサラリーマン。クラシックギターの魅力を伝えるために演奏活動を続けています。
03山上TOY_0039-1日目-48.jpg

4.遠藤理恵(ソプラノ独唱)
フランス歌曲を中心に東京や山梨で活動。フランスの作曲家プーランク、ベルリオーズ、中田喜直作品を披露。
04遠藤SSC_0097-1日目-57.jpg

5.池原名保美(ピアノ独奏)
今回、中学校卒業記念として出演。数々の国際ピアノコンクールで賞を獲得している注目の若手演奏家。3曲を披露しました。
05池原SSC_0114-1日目-75.jpg

6.アンサンブル・ムジカ・ルーチェ(合唱)
S☆1グランプリ クラシック部門 第3位

世界の名曲をオリジナルで格調高く楽しく歌うをモットーに集まった仲間。馴染みある世界の名曲5曲を美しいハーモニーで披露。
06ムジカルーチェSSC_0163-1日目-112.jpg

7.上田励起(ピアノ独奏)
S☆1グランプリ クラシック部門 第1位

ピアノは独学で学んだという上田さん。今回はショパン「ノクターン第1番」からゴッドファーザーのメドレーなど得意な即興演奏を披露。会場を魅了した。
07上田SSC_0175-1日目-124.jpg

8.Ensemble Lunetta(アンサンブル・ルネッタ)(合唱)
「楽しく歌おう!」をモットーに高校の音楽部で出会ったメンバーで昨年結成された女声合唱団。若い歌声で3曲披露。
08ルネッタSSC_0186-1日目-133.jpg

9.フラウト・ドルチェ(リコーダー・アンサンブル)
毎年、温かいリコーダーの音色を聞かせてくれたみなさん。クラシックナンバーからイングランド民謡、歌劇に至るまで多才な演奏を披露。
09フラウトドルチェSSC_0218-1日目-159.jpg

10.関登鯉子とアンシャンテ(ピアノとアルト)
今回は、関さん作曲のオリジナルを女声コーラス「アンシャンテ」のメンバー3人と一緒に演奏。ピアノと女声ボーカルのコラボレーションを披露。
10関SSC_0242-1日目-185.jpg

11.鶴田さゆり(ソプラノ独唱)
今回のステージでは敬愛する中田喜直、モーツァルトの作品をたっぷり5曲披露。美しいソプラノの歌声が会場に響いた。ピアノ伴奏は依田和枝。
13鶴田SSC_0266-1日目-208.jpg

12.tENOR&tuBA duO-Voba(チューバとテノール)
普段はソロ演奏で活動している二人、大学の同級生だったことをきっかけに声楽とチューバの異色のデュオを結成。テノールとチューバのための楽曲「絞首台歌」を8曲披露。
11TENOR&TUBASSC_0282-1日目-222.jpg

13.依田和枝(ピアノ独奏)
ピアノ一筋だった活動から、最近はパイプオルガン、チェンバロなども演奏する依田さんがバッハ作曲の2曲を披露。
12依田SSC_0301-1日目-239.jpg

14.ホルンアンサンブル同好会(ホルンアンサンブル)
初出演。学生時代から交流のある4人でアンサンブルを楽しんでいるみなさん。今回は3人での参加でしたが、ホールに心地よいホルンの音色が響いた。
14ホルンSSC_0311-1日目-250.jpg

15.たれたれ会(重唱)
初出場。国立音楽大学声楽科&ピアノ科の現役学生で結成されたグループ。メンバーの一人がたまたまホールでフェスタ県文の存在を知って応募。若さあるふれる華やかなステージが繰り広げられた。
15たれたれ会SSC_0317-1日目-261.jpg

15たれたれ会SSC_0365-1日目-291.jpg

15たれたれ会SSC_0400-1日目-313.jpg


今年は、声楽や器楽、様々な演奏が繰り広げられ、飽きのこないステージでした。

2015年08月30日

インターンシップ2015

8月20日(木)〜8月26日(水)、コラニー文化ホールでは、学生たちの社会体験 インターンシップが行われました。
今年は、例年よりは少なめ、山梨県立大学2名、山梨学院大学2名、甲府商業高校2名の計6名。メンバーは、現在演劇に取り組んでいる人が1名、過去、吹奏楽をやっていた人2名、鑑賞専門が1名、その他の人は、今までステージアートに取り組んでいなかったというこれまでのインターンシップを考えても異色のメンバーでした。
どんな様子であったか簡単にまとめました。

8月20日(木) 1日目
午前:インターンシップ生集合。緊張の面持ち。今後の概要説明の後、早速メンバーの親睦も狙って演劇ワークショップの定番「コミュニケーションゲーム」を実施。これは、ただゲームを楽しむだけではないです。自己表現、人のことを考える、人との意思疎通がポイントです。
午後:今回のインターンシップのメインイベント。実際にイベントを作ってみようと1時間ほどのライブを企画しました。そのライブにご協力いただくアーティスト NYTさんと顔合わせ&打ち合わせ、その後担当決め

21日(金) 2日目
午前:現在のパブリックビジネスの根幹ともいえる指定管理者制度について解説。その後、最終日に行うライブについて解説
午後:昨今の文化政策のついて解説。我々の文化事業の方針についても説明。その後、イベント企画の手法について説明した。このインターンシップの期間中に各インターンシップ生に企画を一つ、みんなの前でプレゼンテーションしてもらうことを伝え、提案書の作成方法についても解説

22日(土)・23日(日) 休み
休みとはいえ、インターンシップは休まらない!企画書の作成に挑戦。

24日(月)
午前:ホール運営は、文化事業を行うことだけではありません。ホール運営全般について説明。受付業務や出納業務、施設の維持管理など
午後:ホール見学。大ホールの裏側を探検。照明や音響については実演で。その後、インターンシップ生は各自の企画をもう少し膨らませるべく悪戦苦闘

25日(火)
午前:YBSラジオのスコーパー中継を見学し、その後一人ひとりプレゼンテーション。大学生も高校生もみんな緊張の面持ちでやりきりました。
午後:インターンシップ生の企画の中から2つ選び、みんなでさらに良い企画になるようにブレーンストーミング。おとなしいメンバーもここへきてやっと意見が発表できるようになってきました。

26日(水)
午前:いよいよメインイベント、「NYTインターンシップライブ」。午前中は舞台仕込み。
午後:NYT会場入り。ケータリング班頑張る。その後、サウンドチェックと場当たりを実施。まだ時間があるからとゲネプロも実施。16時いよいよ本番スタート。MC担当2人が進行役。途中では、MC2人が、NYTにからみお楽しみコーナー。約1時間のライブをインターンシップ生でやりきりました。

最後は、みんなで記念写真。
INNTA-NNSHIPPU .JPG
posted by ミルケ at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月29日

作曲ワークショップ制作発表会 盛大のうちに終了

7月から行ってきました『作曲ワークショップ』。その制作発表会(受講生による楽曲の発表会)が、8月24日 コラニー文化ホール リハーサル室で行われました。
夕方から最後の演奏練習を行い、19時半、いよいよお客様の前で発表です。

舟久保b (6).JPG
舟久保せつ子
(曲名)小さな幸せ〜96才 5人の曾孫(ひまご)に囲まれて〜

近藤b(2).JPG
近藤由里
(曲名)輪舞-ロンド-

紺野b (2).JPG
紺野寛
(曲名)船旅をありがとう

受講生は、30代から60代の男女、全部で12人。ほとんど作曲をやったことの無い(一部の人は、2〜3曲程度の経験あり)方ばかり。
いったいどんな楽曲ができるのか本当に楽しみでした。ワークショップの最終週は、受講生ごとの個人レッスンだったので受講生も他の人がどんな曲を作ったのか実は知りませんでした。
2ヶ月間一緒に頑張ってきた仲間たちへの応援にも熱が入ります。

小俣b (2).JPG
小俣裕美
(曲目)きっと、いつの日にか・・・

加藤b (5).JPG
加藤信一
(曲目)リスタート

上村b (6).JPG
上村直子
(曲目)夢空〜ゆめそら〜

実際の披露では、歌あり、ソロ演奏あり、デュオやトリオの演奏ありで、ジャンルもそれぞれ。
なかなか見ごたえ、聴き応えのある会でした。

清水b (4).JPG
清水道代
(曲目)虹の約束

青柳b (3).JPG
青柳伸二
(曲目)ファンダンゴ

袖山b (6).JPG
袖山信一郎
(曲名)若いってことはさ・・・取り残されるってことだよね

さて肝心のワークショップの方ですが、非常に面白い内容でした。「作曲なんて無理!」という方がほとんどと思いますが、本当に無理なのか、今回の受講生が証人となるでしょう。
一時は、途中であきらめかけた方がいることも本当ですが、なんとか皆さん食らいついてきてここまできました。(1名の方のみ途中から都合が悪くなりやめました)
講義の内容は下記のとおり

***************
[作曲ワークショップ 講座内容]
***************
第一回 「とっておきソング」を作ろう!
    @音楽の三要素とは!? A曲の作り方にはいろいろある
    B12のキー。スケールとコードについて Cメロディ Dハーモニー

第二回 ダイアトニックコードってなに?
    @T・S・Dの機能について Aコードの機能と連結 A代理コードとリハモナイズ

第三回 リズムとグルーブ カタチから入ろう!?
    @リズムとグルーブについて A循環コードと逆循環

第四回 様々なコード進行
    @コード進行の作り方 Aイントロとエンディングの作り方 A曲には形式がある
    
第五回 曲には色々な作り方がある
    @効果的な表現方法のあれこれ Aいざ作曲へ

第六回 作曲
    @これまでのまとめ A個人レッスン

第七回 作曲
    @個人レッスン

第八回 作品発表会 「とっておきソング」の発表&録音

******************

中村b (6).JPG
中村修
(曲目)星の数よりも、もっと・・・

平井b (4).JPG
平井美保子
(曲目)木漏れ日

鈴木 b(4).JPG
鈴木弘美
(曲目)My TREASURE

作曲をわずか2ヶ月で行おうということは、かなり困難であったと思います。
ただし、このワークショップを通して、いままで手が届かないと思っていた作曲が、実は自分でもできるんだっと思っていただけたのではないでしょうか?誰もが知る名曲が、それほど特別な知識でできているわけではなかったのです。
これを機会に受講生の皆さんは、さらに勉強し自分たちの気持ちを音楽に込めて表現していくことと思います。またみんなで発表会ができれば最高ですね。

ここに至るまで自身の持つ知識やノウハウを余すところなく受講生に注いでくれた講師の小林真人さん、そして受講生を、時に小林さんを支えてくれた山本晶子さん、ありがとうございました。

小林a.JPG
講師・小林真人

山本a (2).JPG
サポート・山本晶子

2015年07月06日

山梨大学教育人間学部 芸術運営コース 文化施設実地研究が行われました。

昨日、山梨大学教育人間学部 芸術運営コースの学生さんの文化施設実地研究が行われました。
1日だけですがホールの職員が案内役となり、文化施設(今回は、文化ホール)について施設の説明やマネージメント的な説明、現場の実情を解説したり、当ホールの運営方針などをお話させていただきました。
この研究会、山梨大学さんは以前から各地で行っていたとのことですが、我々当ホールで実施するようになったのは昨年から。山梨の未来を担う学生さん達が集まりますので、案内役の我々も気合を入れて準備をしています。

@.JPG

今回は、9名(女子7名、男子2名)の方が来館。学生のみなさんは、合唱や吹奏楽、バレエなど何らかで舞台に上がることがあるようで、皆さん大変興味を持ってご参加いただき、なかなか活発な会になったと思います。

今回は、4つの内容に絞って行いました。
1.舞台設備の説明
  大ホールの舞台で舞台・照明・音響設備の名称や使用方法について実演も少し混ぜて解説しました。次に舞台に上がるときは、少し違った目線で舞台に上がれるのではないでしょうか。

2.ホールの運営方針について解説
  文化施設を取り巻く現状を我々がどのように捉え、それをホールの運営にどうのように反映していくか説明しました。文化振興といっても様々なやり方があると感じます。学生の皆さんがどう感じたか、聞いてみたいです。

3.演劇ワークショップ体験(コニュニケーション・ゲーム)
  演劇ワークショップの前段で行うコミュニケーションゲームを実際に行っていただきました。単なるお楽しみゲームではなく、これから学生の皆さんが社会に出て役に立つことを期待します。
  職員も参加させてもらい楽しかったです。

A.JPG

4.公演制作の実施例紹介
  過去の事例紹介として、『MABOROSI〜オペラ源氏物語〜』、『フェスタ県文remix』を紹介しました。  

  <質疑応答>

B.JPG

********************

参加した皆さんは、とても仲がよく楽しく研究に取り組めたのではないでしょうか?
将来は、ホールや美術館など文化施設で働くことを希望している方が多くいました。ますます勉強に励まれ皆さんの将来の活躍を祈ってます。お疲れ様でした。








posted by ミルケ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月01日

ミルケ県民ステージのご報告

ご報告が遅くなってしまいましたが、ミルケ県民ステージがいくつか行われました。
ご報告が遅くなってしまいましたが、様子をアップします。

▼5月10日(日) 蟹江ピエール
 ボサノバを中心に演奏。以前は、都内などで活躍されていましたが数年前から山梨にお越しになったそうです。
 ひょんなことで県民ステージをお知りになり、このたび出演していただきました。
 今後も出演いただけるそうです。楽しみにしています。

 平井P5100256小.jpg

平井P5100172小.jpg


▼5月16日(土) 加賀美悠二郎 ※2回演奏
 5月22日(金)    〃

 県内のライブハウスやレストランなどで精力的に活躍中のシンガーソングライター加賀美悠二郎さん。16日、22日と計3回の演奏を披露してくれました。
舞台上におしゃれに小物を用意してしっとりと演奏。次回もよろしくお願いします。

1433116183239.jpg

1433116179101.jpg


またすごく前になりますが、素敵なオカリナの演奏を聴かせてくれた柿内さんです。
   
▼3月14日(土) 柿内美緒
 柿内さんは、もともとは山梨の方ではないそうですが、ひょんなことで山梨にお越しになることに。現在は、オカリナ奏者として県内各地で演奏を披露しています。今後もぜひよろしくお願いします。

オカリナP3140358小.jpg 

オカリナP3140374小.jpg

オカリナP3140415小.jpg
posted by ミルケ at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ミルケ県民ステージ

2015年05月14日

フェスタ県文ステージ祭り レビュー 全部見せます!

ロゴ決定.jpg

フェスタ県文ステージまつり
盛大に開催されました。

今年のフェスタ県文をちょっと振り返ります。ゆっくりご覧ください。
ご覧いただきましたらよろしければ感想をお寄せ下さい。

※ブログは、最終日から初日に向かって掲載されています。
※写真をクリックすると拡大します。