2013年05月27日

大道芸アカデミーはじまる!

■1回目 【開講オリエンテーリング】

はじまりましたあなたの文化をみつけよう!「大道芸アカデミー」
たくさんの方から応募をいただき、参加者20名でスタート。
初めて集まったメンバーは、興味はあって参加したけど一体どのくらいできるのか・・・不安。
ちょっと緊張気味な参加者です。

大道芸アカチラシA4表.jpg


講師は、「クラウン もっちぃ」と「クラウン ジョーイ」のお二人。

はじめに緊張感漂う室内で、お二人のデモンストレーションが披露。軽快なBGMの中、参加者に絡みながらすすんでいき会場も和んできました。その後、クラウンについてDVDを見ながらの解説や世界のクラウンの歴史や地域性の違いなども解説して頂きました。

IMG_8134(加工).jpg


休憩の後、参加者の交流です。
まずは、参加者の緊張をほぐすためコミュニケーションゲームを楽しみました。
参加者全員が手をつないで円になるゲームや誰かの所に駆けよって互いにハイタッチを交わすゲームです。
老若男女が一緒になって楽しみました。
また参加者の自己紹介を行い、これから半年間つきあっていく「クラウン名」を各自が発表しました。
自分の名前や趣味などからイメージしたクラウン名です。

<参加者のクラウン名>
クーガ、ブランシュ、タケ、サリー、めぃびぃ、与作、スーさん、デール、イール、MYA、ポール、笑
やま、ヒデ、さくら、パープル、もみじまんじゅう、なぁさん、ドッキー、キャシー、シャイン



つづいては、いよいよ大道芸アカデミーらしい内容。
クラウンの代表的な技の講習です。その名もふらふら
どんなことかと言うと、ようするに何もない所でつまずき振り返る(2度見する)、そのつまずいた物を見てから、驚きや喜びを表現します。たとえば、つまづいた物が石ころだったり、財布だったりです。よく見る技ですね。
講師のお手本の後、みんなでやってみると意外に難しい。誰もがイメージ通りにいきません。たったこれだけのことなのにしっかりしたテクニックでやっている技でした。
やはり講師の二人は上手!感心してしまいました。

せっかくだからともう一つと、電車のつり革に並んでいる二人が、体がぶつかり、迷惑そうに互いに隣の人を見ると・・・。どんなストーリーが展開されるかも実技講習。


1日目の講座は終了しました。
次は、「クラウンメイク」。やっぱり見た目だけでも一流に。

2013年05月05日

フラメンコ・フェスティバル

 昨年12月のフラメンコの公演から数か月後、文化ホールのフラメンコクラス講師 原先生から
「5月のフラメンコ・フェスティバルに出演します。」
と連絡を頂いていました。
当然、うれしく思い、昨日応援に行ってきました。


会場は、山梨市のフルーツパーク
「山梨フラメンコ・フェスティバル2013」です。

このイベントは国文祭の提案事業のひとつで、会場のフルーツパークはGWでもあり、大盛況!
会場にたどり着くのに一苦労でした。


会場に着くと、華やかな衣装をまとった出演者たちがあちこちにいて盛り上がっています。
また、スペインらしく大きなフライパンでパエリアを作っていて、お客さんはおいしそうに味わっていました。



ステージには、司会者。「さあ、いよいよ終盤です!」

ステージ上の演奏者が演奏を始めると、出てきました「Arco Ilis」のメンバー。
今回は、小林理香先生の教室として、ArcoIlisのメンバーも出演させていただきました。


ArcoDSC_0064.jpg
ArcoIlisのメンバー。懐かしい〜
全員を撮影できずごめんね。



ワークショップ終了から半年弱。
みんな立派になっちゃって、たくさんのお客さんの前でしっかり踊れました。
あのフラメンコらしい衣装も板についている様子。
20分間くらい、メンバーが入れ替わり、得意の曲でつぎつぎ披露しました。
カッコ良かったです。


その後、メインイベント、先生方のソロダンスが披露され、
フィナーレは、イベントに参加したダンサー全員の「セビジャーナス」です。

鮮やか!派手!
天気も良かったので色とりどりの衣装が見事に映え、とってもゴージャズなフィナーレでした。

フィナーレDSC_0067.jpg
ステージ上やステージ前の客席までたくさんのダンサー


客席を埋め尽くしたお客さんの中でも
「フラメンコやりたい!」って方がいっぱい誕生したことでしょう。

みなさんお疲れ様でした。


posted by ミルケ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記