2013年08月18日

初の演劇公演

8月17日(土)ミルケ県民ステージでは、初の演劇公演が開催されました。

photo6.jpg

photo5.jpg

出演者は、県内の高校生有志が集まった「劇団 ロータス」。

照明など機材も持込み、いつも以上の雰囲気となったステージ。

いろんなハプニングもありましたが無事終了。

photo1.jpg

何と客席には、国民文化祭・やまなし2013 総合フェスティバル開会式 事前指導の為、来県していた宝塚歌劇団 演出家 三木先生の姿が。終演後、直接アドバイスするサプライズも。


劇団ロータスは、本日18日 13時30分からも、コラニー文化ホール県民ロビーの「ミルケ県民ステージ」で公演を開催します。

お時間のある方は是非ご来場ください。

posted by ミルケ at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ミルケ県民ステージ

2013年08月05日

高校演劇講座〜2・3・4日目〜

7月29日(月)〜8月1日(木)まで、コラニー文化ホール小ホールにて

「高校演劇講座 演出ワークショップ」

が行われました。

山梨県内の、約130名の生徒たちが集まり、4日間の濃厚な時間を過ごしました。



〜2・3・4日目〜

講師.JPG

2日目からは、文学座から講師の先生方を招いてのワークショップとなりました。

演出家 望月純吉さん(山梨県出身)
俳優 清水明彦さん 
俳優 廣瀬響乃さん(文学座附属演劇研修所研修科1年 山梨県出身)

にご指導いただいての充実した3日間になりました。


《ボディワーク》
ボディワーク体操.JPG

まずはボディワークからです。体操やストレッチなどで、じっくりと丁寧に身体をほぐしていきます。


ボディワーク脱力.JPG


2人1組になって、身体の脱力を行います。マッサージをしあったり、「金魚」という、相手の身体をウォーターベットのように揺らす脱力を行ったり…普段の姿勢や、勉強によって、想像以上に身体は緊張していたり、凝っていたりするんですね。

《呼吸法》


呼吸法を教えて頂きました。数字をカウントしながら、ブレスをします。

〈例〉1・2・3・4(吸う)/ 1・2・3・4(止める) / 1・2・3・4・5・6・7・8(吐く)

など、吐く長さを変えながら、ブレスをコントロールする練習です。沢山空気を使って呼吸すると、身体が温まってきます。身体の無駄な力も抜けていく…舞台に出る前に行うと、台詞の出し方も身体の使い方も変わってくるそうです!是非続けていきましょう。


《シアターゲーム》
シアターゲーム.JPG

「たこはち」というゲームをやりました。

1から8までの数字を回していくのですが、「4はサイレントで言わない」「8は”たこはち”と言う」というルールもあり、最初はなかなか難しいです。別のことを考えてきたり、周りを見ていなかったりすると間違えてしまうので、集中力が必要です。

相手から受け取る(反応する)・伝える・周囲を見るなどのコミュニケーション力や集中力を研ぎ澄ます訓練です。楽しく行いました(^^)



《作品に取り組む》


●今回取り組んだ作品

「ナシャ・クラサ」2012年 読売演劇大賞 大賞 受賞作品
作・タデウシュ・スウォボジャネク
訳・久山宏一 中山夏織


今回は、テキストの一部分を抜粋して、生徒が役者・演出・音響・照明・舞台美術・衣裳などそれぞれのセクションを担当して作品作りに取り組みました。

学校・学年も違う生徒たちが、全部で6グループに分かれ、あれこれとアイディアを出し合いながら進めていきます。

《まずは演出チームと役者チームに分かれて》

●演出チーム

演出チーム.JPG

こちらは望月さんに指導を受けます。
演出をする生徒は、さっそく自分の考える演出プランを説明します。


●役者チーム

役者チーム.JPG

こちらは清水さん 廣瀬さんに指導を受けます。
簡単に、今回の作品のあらすじをご紹介しておきます。


―『NASZA KLASA(ナシャ・クラサ)』ポーランド語で私たちの同級生という意味。この作品はポーランドのとある学校の同じ教室で学んだ男女10人の”歴史”を描いたもので、第二次世界大戦におけるユダヤ人への弾圧といった歴史的事実を通して彼らの人生に迫る。


歴史的なことを題材にした作品のため、読むと難しい…という印象を受けました。また台詞も、話し言葉のみならずト書きも台詞にしてしまったような、独特な言い回しのもの。役者さん達は、最終日の本番までに台詞を覚えます。


《グループワーク》

最終日の午前中まで約3日間かけて、作品作りに取り組みます。それぞれのグループが熱心に、ホール舞台上のみならずロビーなどでも稽古・話し合いをしていました。遅くまで残ってアドバイスを受けていた姿も印象的でした。最終日の発表に向けて、テクニカルな打ち合わせや場当たりをしながら、自分達の作りたいイメージに近づけていきます。

場当たりでは、演出さんは音響さんや照明さんなど、各スタッフに指示をしなければなりません。自分の考えていること、必要なことを人にしっかりと伝えることの大切さを感じました。



《発表》

いよいよ、3日間の成果を活かした発表です。午後から発表だったのですが、お昼休みにも廊下や舞台で練習していました。


発表@.JPG


同じシーンを作っていくのですが、それぞれのグループによって受ける印象や心に残るものが異なり、大変面白かったです。


発表A.JPG


音響さんや照明さんは本番、上手くいったり、はたまたタイミングが少しずれてしまったりとドキドキだったと思います。しかし、照明がかわっていたり、旗を手作りしたり、衣装の雰囲気がそろっていたりと、細かな部分に工夫が見られました。


発表B.JPG


役者さんも、3日間で作り上げたとは思えないほどの熱演。小道具大道具などがない中でも、舞台上の空間を広く使って、色々なシーンが表現されていました。


発表C.JPG 発表D.JPG


最後は望月さんの作ったシーンも発表されました。


望月さんA.JPG


限られた時間の中で、とても完成度の高い作品ができあがりました。難しい脚本にも関わらず、沢山の人の力によって形づくられていく…演劇って面白いなあと改めて実感しました。



終了後は、みなさんとても充実した表情でした。様々な人と出会い、ものづくりを体験し、ぎゅーっと濃縮された4日間であったと思います。この経験を、これからの創作活動に活かしていただければとても嬉しいです。



今後も、ホールではこのような機会を作り続けていきたいと考えています。今回ご協力・ご参加頂きましたみなさまに、心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
posted by ミルケ at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月04日

高校演劇講座〜1日目〜

7月29日(月)〜8月1日(木)まで、コラニー文化ホール小ホールにて

「高校演劇講座 演出ワークショップ」

が行われました。
 
山梨県内の、約130名の生徒たちが集まり、4日間の濃厚な時間を過ごしました。
 
催し物案内 @.jpg
 

〜1日目〜  


初日は、館内見学が行われました。
各セクションを、説明を受けながら見学していきます。
 
ホリゾンA.JPG
 
ホリゾン
色々な色を作り、観る人にさまざまな印象を与えることが出来ます。
 


スポットC.JPG
 
スポットの操作室。
ホールの後方、高いところにあります。大きなスポットライトを操作するのはなかなか大変です。
 


音響D.JPG
 
→音響室
大きな機械と沢山のケーブルに囲まれています…
 


奈落E.JPG
 
→奈落
つい先日朝ドラの「あまちゃん」でも紹介されたように、舞台の下にあります。
 

高校生たちは、目で確かめて、実際に触りながら、
 
機器3K.JPG
 
舞台について沢山のことを学びました。是非秋に行われる高校演劇大会に活かしてほしいですね(^^)
 

音響G.JPG 機器1I.JPG 機器2J.JPG
 
この日は見学後、座学を受けて終了しました。
posted by ミルケ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記