2016年05月25日

「フェスタ県文2016」を振り返る 5/7・ダンス・演芸部門

ジャンル、世代を超えて。
県内のアーティストが集う「フェスタ県文2016」が、ゴールデンウィーク3日間、盛大に開催されました。
総出演52組529名が、日頃の成果を発揮しました。

1.こしゃっぺ村 車イスダンス部(ダンス)
3回目の出演。家族・ボランティアも一丸となって、フェスタ県文に挑戦。今年はアラビアンナイトの曲に合わせて車椅子ダンスを披露しました。
09こしゃっぺ718A1193-3日目-220.jpg

2.踊らんかい・舞衣(創作ダンス)
健康のために始めた創作ダンスが、生活の一部になったという創作ダンスのチーム「踊らんかい・舞衣」。スクール・ウォーズのテーマ曲「ヒーロー」と「愛しい甲斐路」の2曲にあわせて披露。
10踊らんかい718A1222-3日目-305.jpg

3.アルファラーシャ・アスワーダ(ベリーダンス)
2月から4ヶ月の間、コラニー文化ホールでベリーダンスのワークショップを展開。今回のフェスタ県文のステージは、卒業式に当たる。講師オリジナルのフュージョンスタイルを合わせた演目で構成され、練習の成果を発揮しました。
11アルファラーシャ718A1248-3日目-361.jpg

11アルファラーシャBC6A0842-3日目-337.jpg

4.ルアナ日下部 加納岩プルメリア(フラダンス)
連続出場中のフラダンスチーム。素敵なお婆ちゃまの踊りを見よう見まねで始めたという孫達も出場した。出演メンバーの年齢差は70歳以上。かわいい孫達も大人顔負けのフラダンスを披露しました。
12ルアナ718A1249-3日目-373.jpg

12ルアナBC6A1025-3日目-459.jpg

5.長唄初音会 ジュニア部(長唄)
小学生・中学生・高校生のジュニア部での参加。始めたばかりの子供は初々しく可愛らしく、経験を詰んだ子は確実に上達していました。お母さん達もステージの舞台脇で歌い、思い出に残る演奏会になったはず。高校生も応援出演。
13初音会718A1294-3日目-514.jpg

6.maaya Oriental Dancers(ベリーダンス)
ベリーダンスチーム。今回の目標は、「女性にしか出来ない美しく優美な振る舞いをBerry Dance」を通じて表現する事。演技を終えた出演者の表情は、皆清々しく納得した演技が出来たことは聞くまでもなかった。曲に合わせて5曲を披露。
14MAAYABC6A1229-3日目-565.jpg

14MAAYABC6A1315-3日目-612.jpg

7.だりあ(ジャズダンス)
オリジナルのジャズダンス作品を自分たちで創作、記念すべき第1弾の作品を故郷の山梨で披露。広いステージが小さく見えるほど全身で表現。
15だりあBC6A1325-3日目-621.jpg

15だりあBC6A1358-2-3日目-632.jpg

8.Belydance studio Blossombelly(ベリーダンス)
まるでオアシスにいるかのような、まるで砂漠に咲く一輪の花のような、神秘的なムードを漂わせベリーダンスを披露。チーム一丸でアサヤ(棒)を使っての踊りは圧巻でした。女性のたおやかさも美しく表現。
16blossom718A1374-3日目-679.jpg

16blossomBC6A1383-3日目-647.jpg

9.ワタナベダンススクール(社交ダンス、ジャズダンス)

仕事帰り、子育て、親の介護と年齢も家庭も違うメンバーが集まりフェスタ県文に参加。今回は、「パイレーツ・オブ・カリビアン」や「マイケル・ジャクソン・メドレー」など4曲、軽快な音楽に合わせて踊りました。
17ワタナベ718A1432-3日目-699.jpg

17ワタナベ718A1495-3日目-742.jpg
posted by ミルケ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ミルケ県民ステージ

「フェスタ県文2016」を振り返る 5/7・ニューミュージック部門

ジャンル、世代を超えて。
県内のアーティストが集う「フェスタ県文2016」が、ゴールデンウィーク3日間、盛大に開催されました。
総出演52組529名が、日頃の成果を発揮しました。

1.乙顔啓子(オリジナルポップス)
ライフワークとして始めた歌作りは今年で6年目に突入、37曲の歌が生まれたという乙顔啓子さん。愛おしく大切な宝物の中から選んだ5曲を想いを込めて熱唱しました。
01乙顔BC6A0022-3日目-6.jpg

2.タローのギター弾き語り
(ギター弾き語り)
老人ホーム、デイサービス、夏祭りで動揺、ナツメロ、ハワイアンを日頃、演奏している。今回は大人の渋さがにじみ出ていました。
02タローBC6A0059-3日目-12.jpg

3.横内くん(ギター弾き語り)
アコースティックギターの弾き語り。学生時代は東京に住んでいたという横内くんは、60年代から70年代にかけて溢れていたフォークソングを、当時を思い出しながら5曲を熱唱。
03横内BC6A0089-3日目-24.jpg

4.浅利誠一郎(ギター弾き語り)
去年に続き2回目の出演。音楽を通して、希望や励ましを一人でも多くの人に届けたい一心で、浅利誠一郎さんの独特な音楽表現でゆずの「栄光の架け橋」含め3曲を熱唱。
04浅利BC6A0110-3日目-29.jpg

5.エスト・モンターニュ(バンド)
「エスト=東、モンターニュ=山」というバンド名の通り、東山梨方面で活躍中のエレピとドラムの二人組。昭和の香り漂う曲調に詩音のボーカルがマッチしていました。
05エストBC6A0156-3日目-42.jpg

6.deLmo cLass(バンド)
「継続は力なり」を座右の銘に大人になりきれない3人組がビートルズの「オブラディ・オブラダ」やオリジナル曲を4曲披露。結成28年目に突入した3人はどこまで突き進んでゆくのか今後も期待大!
06delmoBC6A0231-3日目-61.jpg

06DELMOBC6A0287-3日目-80.jpg

7.Shines シャインズ(バンド)
S☆1グランプリ ニューミュージック部門第1位

安定感抜群、ニューミュージック部門トップとなったシャインズ。歌番組やカラオケ全盛期に育ったこともあり誰もが知っている5曲を演奏。オープニングで歌った「the rose」は演出効果も決まり、聴衆の心を魅了しました。
07シャインズ718A1160-3日目-91.jpg

07シャインズBC6A0342-3日目-96.jpg

8.加賀美悠二郎(バンド)
2014年3月スガシカオ弾き語りツアーで甲府にてオープニングアクトをつとめた実力者。歌だけではなく、カメラマンとしても大活躍の加賀美悠二郎さんは、自身初のアコースティックアルバム「そろそろ髪を切らなくちゃ」を引っ提げ、ライブを行いました。
08加賀美718A1179-3日目-176.jpg

08加賀美BC6A0530-3日目-168.jpg