2010年02月06日

「あな文」ご報告(私と音楽)

「音楽とのつき合い方」を第一線で活躍されているアーティストから聴いてみようということで企画しました。

お一人目は、ヴォーカリスト鈴木重子さんでした。今更、鈴木さんの説明は必要ないと思います。とっても心に響くお話でした。
さらに講演会にもかかわらず歌声をサプライズで披露していただきました。それも3曲。私は、ホールの外で仕事をしていたので1曲も聴けませんでした。(トホホッ)

dq.JPG

実は、翌日にホールにこの参加者の方からメールが届きました。
鈴木さんのお話に涙がでてきたそうです。

つづいては、ピアノ演奏 小林真人さんです。小林さんは、8月「文化ホール ポップスカーニバル」でも出演していただきました。自ら作曲し演奏活動を行っています。
初めて小林さんの演奏を聴いた時の衝撃は、今でも忘れられません。あの時の音楽から受けた感動をひとりでも多くの方にも知っていただきたいと思い、今回の講座に入っていただきました。
さらに小林さんは、大人になってからピアノを弾きだした方です。以前、小林さんが「ピアノは4歳までに始めないとものにならない。なんてことを言いますけど、大人になってからでも十分楽しめます」と言っていたことを思い出します。

^l.JPG

皆さんもいつでもいいのです。音楽なんてやったことないからとあきらめないで!まだ間にあいます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35159475

この記事へのトラックバック