2010年08月27日

「あな文-2010-」レポートB

レポートBは、今回からの取り組み
「あな文EXステージ」です。

ステージに上がる楽しさを知ってもらおうと一般公募で集まった出演者。今回は、23組のアーティストたちが競演しました。
ジャンルは、ダンス、古楽、ハワイアン、ロック、ポップス、フォークなんでもござれ。初めてステージに上がる方から結構の玄人まで集まりました。
「県民文化ホールのステージに上がれるなんてうれしいっす!」といってくれる出場者が多数いました。

?P.JPG

オープニングは、ダンスでした。小さい子どもたちのダンスは、元気いっぱいで華やかなオープニングとなりました。フラダンスチームも大勢で参加、ホールのステージが小さく見えました。息のそろった素晴らしい演技でした。

?Q.JPG

二胡や古楽などなかなか耳にできない楽器の演奏もありました。心に響く音色でした。


?R.JPG

おじさんバンドもありました。メンバー全員が「キャロル」熱愛者らしく、当日もホールに来る前に練習スタジオで練習してきて出場だったそうです。短いリハーサル時間で大変だったと思いますが、本番はとても良い演奏でした。

?S.JPG


若い人たちもたくさん出演していただき、みんな上手。中でもヴァイオリンとギターのデュオ「NYT」(知っている人いますか?)この2人の演奏にはボクはぶったまげました。とにかく「うまい」の一言。ボクが持っている練習本の上級テクニックがふんだんに盛り込まれたうらやましい演奏でした。ボクもギター演奏者のはしくれ、ふたりの演奏を聴いてもっともっとがんばろうと思いました。

みんな日頃の練習の成果を発揮していたようでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40391861

この記事へのトラックバック