2010年11月09日

ギターテクニックあれこれ。

「ハマリング」、「プリングオンとプリングオフ」、「ハーモネート」、「ベースラン」、「フラットピッキングとフィンガーピッキング」、「ミュート」

とりあえずひと通りのテクはやってみましたよ。
どんなものかは説明できるようにはなりました。(上手に弾きまくるって訳にはいきませんが・・・)
この辺のテクは、楽譜を見れば、頻繁に出てくるテクですので自然に覚えていきます。
恰好つけたいときに最高です。

でもね演奏に合わせて歌うとボロボロです。
指の位置が狂い、挙句の果てに肝心なサビの部分で声が出ない。
最近の曲って、高音が大変ですね。
こんなに高音を使われると、ボクみたいな物はついていけません。
むしろ「ギターやって恰好悪い奴!」になってしまいます。

posted by ミルケ at 08:53| Comment(3) | TrackBack(0) | ミルケのギター奮闘記
この記事へのコメント
知らないテクニックがいっぱい(^−^;)

「練習あるのみ」ですよね。

あ〜、私も練習しないと。
Posted by ピ猫 at 2010年11月11日 06:47
私には、解らない単語がいっぱいですが
お気に入りのバンド(アマチュアですが、ステージングも上手で、楽しめます)のギターの方にきけば、
「何だ〜、しおちゃん、解らんだけ〜、ハマリングちゅうのはさあ〜」と、思いっきりの甲州弁でレクチャーしてくれるかな。


Posted by しおちゃん at 2010年11月23日 12:47
前回の書き込みにある
私のお気に入りバンドのギタリストとベーシストが
第九を聴きに来てくれることになりました。

来年は、舞台の上に誘っちゃいます。
Posted by at 2010年11月27日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41648917

この記事へのトラックバック