2013年06月09日

大道芸アカデミー 第3回

 大道芸アカデミー第3回目は、「ジャグリング」です。
今回は、何かと都合が合わないアカデミー生が多くやや少なめのメンバーで開始。
でも、すでに練習を始めているメンバーもいて気合い十分。


まず最初は、ボールを2つ持っての練習。
「投げて、投げて、取って、取って」のタイミングで、自分の両手にボールが安定して戻ってくるように練習です。
効き手はなんとか出来るけど、効き手じゃないとなかなか思ったところにボールが飛んでいきません。
練習を初めて束の間、講師のジョーイさんは、すぐに次の指導へ。

ボールを3つ持たせて、日本式ジャグリング(お手玉)と洋式ジャグリング(カスケードという技)を混ぜながら手本と解説。ボールが3つともなるとジャグリングらしくなります。

0608-1 (1).jpg

なかなかうまくできないアカデミー生たち。
なぜうまくできないのか!
@まず投げる順番が分からなくなる
Aボールを3つまで投げるがその後、キャッチしてしまう(次にすすみません)
B投げていくにつれて、とどんどん前へ行ってしまうなどです。

@の問題点は、ボールの色を全て違う色のボールを使い、色で「赤、青、緑」などと心で言葉をかけながら練習。
Aの問題点では、最初はキャッチせずそのまま落としてOK。なれたらキャッチ。とにかく力技で投げます。
Bの問題点は、壁などに向かって練習すると自然とボールが前に行きません。
とのこと。


しばらく練習を続けるアカデミー生。長時間行うと思った以上に重いジャグリングボール。両腕が疲れてきます。

そこで、ジョーイ先生のジャグリング実演です。
良く目にするジャグリング(カスケード:3つのボール。ボールに対して内側から次のボールを投げる)から、ボールの外側から次のボールを投げる技、片手で2つのボールを投げながらもう一方の手で一つを投げる技(2イン1)。
足を使ったり、背後にボールを投げたり様々。ボールを使った技でもたくさんありました。
続いて、ピンやリングのジャグリングや中国コマ、シガーボックス、ハットなど各種を紹介。アカデミー生の自由体験となりました。


つづいて、アカデミー生にジャグリングスカーフが紹介され配布。各自持ち帰って練習です。
ジャグリングスカーフは、空気抵抗のためゆっくり落ちてくるので、ボールに比べかなり扱いやすいアイテム。みんな落ち着いて出来ると言っていました。

最後は、本日の練習発表会。
まだまだとても披露できるものではありませんが、一人ひとりが発表し本日のアカデミーは終了です。

0608-3.jpg

最後に「アカデミーの発表会」をいつにするか相談。10月〜11月に実施予定です。
この時期は、国民文化祭もいよいよラストスパートのタイミング。全国からお越しになるお客様を笑いでおもてなしできるよう頑張ります。

0608-3.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69133933

この記事へのトラックバック