2013年08月05日

高校演劇講座〜2・3・4日目〜

7月29日(月)〜8月1日(木)まで、コラニー文化ホール小ホールにて

「高校演劇講座 演出ワークショップ」

が行われました。

山梨県内の、約130名の生徒たちが集まり、4日間の濃厚な時間を過ごしました。



〜2・3・4日目〜

講師.JPG

2日目からは、文学座から講師の先生方を招いてのワークショップとなりました。

演出家 望月純吉さん(山梨県出身)
俳優 清水明彦さん 
俳優 廣瀬響乃さん(文学座附属演劇研修所研修科1年 山梨県出身)

にご指導いただいての充実した3日間になりました。


《ボディワーク》
ボディワーク体操.JPG

まずはボディワークからです。体操やストレッチなどで、じっくりと丁寧に身体をほぐしていきます。


ボディワーク脱力.JPG


2人1組になって、身体の脱力を行います。マッサージをしあったり、「金魚」という、相手の身体をウォーターベットのように揺らす脱力を行ったり…普段の姿勢や、勉強によって、想像以上に身体は緊張していたり、凝っていたりするんですね。

《呼吸法》


呼吸法を教えて頂きました。数字をカウントしながら、ブレスをします。

〈例〉1・2・3・4(吸う)/ 1・2・3・4(止める) / 1・2・3・4・5・6・7・8(吐く)

など、吐く長さを変えながら、ブレスをコントロールする練習です。沢山空気を使って呼吸すると、身体が温まってきます。身体の無駄な力も抜けていく…舞台に出る前に行うと、台詞の出し方も身体の使い方も変わってくるそうです!是非続けていきましょう。


《シアターゲーム》
シアターゲーム.JPG

「たこはち」というゲームをやりました。

1から8までの数字を回していくのですが、「4はサイレントで言わない」「8は”たこはち”と言う」というルールもあり、最初はなかなか難しいです。別のことを考えてきたり、周りを見ていなかったりすると間違えてしまうので、集中力が必要です。

相手から受け取る(反応する)・伝える・周囲を見るなどのコミュニケーション力や集中力を研ぎ澄ます訓練です。楽しく行いました(^^)



《作品に取り組む》


●今回取り組んだ作品

「ナシャ・クラサ」2012年 読売演劇大賞 大賞 受賞作品
作・タデウシュ・スウォボジャネク
訳・久山宏一 中山夏織


今回は、テキストの一部分を抜粋して、生徒が役者・演出・音響・照明・舞台美術・衣裳などそれぞれのセクションを担当して作品作りに取り組みました。

学校・学年も違う生徒たちが、全部で6グループに分かれ、あれこれとアイディアを出し合いながら進めていきます。

《まずは演出チームと役者チームに分かれて》

●演出チーム

演出チーム.JPG

こちらは望月さんに指導を受けます。
演出をする生徒は、さっそく自分の考える演出プランを説明します。


●役者チーム

役者チーム.JPG

こちらは清水さん 廣瀬さんに指導を受けます。
簡単に、今回の作品のあらすじをご紹介しておきます。


―『NASZA KLASA(ナシャ・クラサ)』ポーランド語で私たちの同級生という意味。この作品はポーランドのとある学校の同じ教室で学んだ男女10人の”歴史”を描いたもので、第二次世界大戦におけるユダヤ人への弾圧といった歴史的事実を通して彼らの人生に迫る。


歴史的なことを題材にした作品のため、読むと難しい…という印象を受けました。また台詞も、話し言葉のみならずト書きも台詞にしてしまったような、独特な言い回しのもの。役者さん達は、最終日の本番までに台詞を覚えます。


《グループワーク》

最終日の午前中まで約3日間かけて、作品作りに取り組みます。それぞれのグループが熱心に、ホール舞台上のみならずロビーなどでも稽古・話し合いをしていました。遅くまで残ってアドバイスを受けていた姿も印象的でした。最終日の発表に向けて、テクニカルな打ち合わせや場当たりをしながら、自分達の作りたいイメージに近づけていきます。

場当たりでは、演出さんは音響さんや照明さんなど、各スタッフに指示をしなければなりません。自分の考えていること、必要なことを人にしっかりと伝えることの大切さを感じました。



《発表》

いよいよ、3日間の成果を活かした発表です。午後から発表だったのですが、お昼休みにも廊下や舞台で練習していました。


発表@.JPG


同じシーンを作っていくのですが、それぞれのグループによって受ける印象や心に残るものが異なり、大変面白かったです。


発表A.JPG


音響さんや照明さんは本番、上手くいったり、はたまたタイミングが少しずれてしまったりとドキドキだったと思います。しかし、照明がかわっていたり、旗を手作りしたり、衣装の雰囲気がそろっていたりと、細かな部分に工夫が見られました。


発表B.JPG


役者さんも、3日間で作り上げたとは思えないほどの熱演。小道具大道具などがない中でも、舞台上の空間を広く使って、色々なシーンが表現されていました。


発表C.JPG 発表D.JPG


最後は望月さんの作ったシーンも発表されました。


望月さんA.JPG


限られた時間の中で、とても完成度の高い作品ができあがりました。難しい脚本にも関わらず、沢山の人の力によって形づくられていく…演劇って面白いなあと改めて実感しました。



終了後は、みなさんとても充実した表情でした。様々な人と出会い、ものづくりを体験し、ぎゅーっと濃縮された4日間であったと思います。この経験を、これからの創作活動に活かしていただければとても嬉しいです。



今後も、ホールではこのような機会を作り続けていきたいと考えています。今回ご協力・ご参加頂きましたみなさまに、心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
posted by ミルケ at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月04日

高校演劇講座〜1日目〜

7月29日(月)〜8月1日(木)まで、コラニー文化ホール小ホールにて

「高校演劇講座 演出ワークショップ」

が行われました。
 
山梨県内の、約130名の生徒たちが集まり、4日間の濃厚な時間を過ごしました。
 
催し物案内 @.jpg
 

〜1日目〜  


初日は、館内見学が行われました。
各セクションを、説明を受けながら見学していきます。
 
ホリゾンA.JPG
 
ホリゾン
色々な色を作り、観る人にさまざまな印象を与えることが出来ます。
 


スポットC.JPG
 
スポットの操作室。
ホールの後方、高いところにあります。大きなスポットライトを操作するのはなかなか大変です。
 


音響D.JPG
 
→音響室
大きな機械と沢山のケーブルに囲まれています…
 


奈落E.JPG
 
→奈落
つい先日朝ドラの「あまちゃん」でも紹介されたように、舞台の下にあります。
 

高校生たちは、目で確かめて、実際に触りながら、
 
機器3K.JPG
 
舞台について沢山のことを学びました。是非秋に行われる高校演劇大会に活かしてほしいですね(^^)
 

音響G.JPG 機器1I.JPG 機器2J.JPG
 
この日は見学後、座学を受けて終了しました。
posted by ミルケ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月15日

避難訓練寄席

2011年3月11日、事務所の照明がガシャガシャと音を立て大きく揺れはじめ、すぐ治まると思ったその揺れは約5分間続きました。その後も度重なる余震で、揺れていないのに地震?と思うほど私たちは揺れに対して過敏になっていまいた。

あれから2年。防災の重要性を感じながらも、次第に薄まる危機感。それは、家庭だけでは無く職場でも。

しかし、多くの人が集う公共施設においては、いつ発生するか分からない大規模災害に対して万全の態勢を取って行かなければなりません。

そこで、コラニー文化ホール指定管理者では、公演中に地震(震度6弱)が発生した想定で避難訓練を計画。
大月市出身の噺家 林家正雀師匠をはじめ、甲府地区消防本部 様、山梨県防災安全センター 様、株式会社くくろがねや 様の協力を得て7月9日(火)「避難訓練寄席」と題し開催しました。

当日は、山梨県内はもちろんのこと、宮城、東京、静岡、長野の公立施設の運営者など約200名が参加。

IMG_0962.JPG
●開演前、起震車で揺れを体験

IMG_0869.JPG
●会場入口付近では、株式会社くろがねや様による防災用品の展示

IMG_1069.JPG
●鏡味仙さんによる太神楽

DSC_8795.JPG
●地震発生。天井からの落下物に備え姿勢を低くする参加者

DSC_8805.JPG
●スタッフの誘導に従い屋外に退避

DSC_8816.JPG

甲府市出身 鏡味仙三さんの太神楽の最中、大きな音と共に地震音が発生、その後停電となり非常用電源にて供給される最低限度の明るさの中、スタッフの誘導の下、屋外に避難して頂きました。

IMG_1143.JPG
●訓練終了後、甲府地区消防本部 宮下氏に防災について講演頂きました

IMG_1299.JPG
●最後は、林家正雀師匠の落語を楽しんで頂きました。

この日も38度を超える炎天下。ご協力頂いた皆様本当に有難うございました。
今回の反省点を改善し、更にご案して利用頂けるホールを目指していきます。
posted by ミルケ at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月05日

フラメンコ・フェスティバル

 昨年12月のフラメンコの公演から数か月後、文化ホールのフラメンコクラス講師 原先生から
「5月のフラメンコ・フェスティバルに出演します。」
と連絡を頂いていました。
当然、うれしく思い、昨日応援に行ってきました。


会場は、山梨市のフルーツパーク
「山梨フラメンコ・フェスティバル2013」です。

このイベントは国文祭の提案事業のひとつで、会場のフルーツパークはGWでもあり、大盛況!
会場にたどり着くのに一苦労でした。


会場に着くと、華やかな衣装をまとった出演者たちがあちこちにいて盛り上がっています。
また、スペインらしく大きなフライパンでパエリアを作っていて、お客さんはおいしそうに味わっていました。



ステージには、司会者。「さあ、いよいよ終盤です!」

ステージ上の演奏者が演奏を始めると、出てきました「Arco Ilis」のメンバー。
今回は、小林理香先生の教室として、ArcoIlisのメンバーも出演させていただきました。


ArcoDSC_0064.jpg
ArcoIlisのメンバー。懐かしい〜
全員を撮影できずごめんね。



ワークショップ終了から半年弱。
みんな立派になっちゃって、たくさんのお客さんの前でしっかり踊れました。
あのフラメンコらしい衣装も板についている様子。
20分間くらい、メンバーが入れ替わり、得意の曲でつぎつぎ披露しました。
カッコ良かったです。


その後、メインイベント、先生方のソロダンスが披露され、
フィナーレは、イベントに参加したダンサー全員の「セビジャーナス」です。

鮮やか!派手!
天気も良かったので色とりどりの衣装が見事に映え、とってもゴージャズなフィナーレでした。

フィナーレDSC_0067.jpg
ステージ上やステージ前の客席までたくさんのダンサー


客席を埋め尽くしたお客さんの中でも
「フラメンコやりたい!」って方がいっぱい誕生したことでしょう。

みなさんお疲れ様でした。


posted by ミルケ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月26日

[展示コーナー情報]

[展示コーナー情報]
パピット絵画教室・第31回川の写真コンクール

ただいまコラニー文化ホールの展示コーナーでは、2つの作品展が行われています。
北側の玄関から入ってすぐ!
どうぞお楽しみください。
※川の写真コンクールは、展示期間1週間です。お見逃しなく。

国交省、パピット 008.jpg
パピット絵画教室 児童画展示

国交省、パピット 007.jpg
第31回川の写真コンクール展


【パピット絵画教室 児童画展示】
展示期間:2月22日(金)〜3月22日(金)
主  催:パピット絵画教室

国交省、パピット 009.jpg
かわいい児童画がいっぱいに並んでいます。



【第31回川の写真コンクール展】
展示期間:2月25日(月)〜3月3日(日)
主  催:国土交通省関東地方整備局


国交省、パピット 010.jpg
高校生の部 金賞作品

国交省、パピット 011.jpg
とても学生による写真には思えない秀作だらけ
posted by ミルケ at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月20日

フェスタ県文ステージまつり開催まもなく

様々なジャンルのアーティストが、個性的なステージを披露する「フェスタ県民ステージまつり」が、
今年も3月9日(土)・10日(日)に行われます。

今回2回目を数えるフェスタ県文。
今年は、昨年にも増して個性的なアーティストが出演します。
出演者数は、なんと44組、550名を越えるステージとなります。


まず9日12時から「クラシック部門」が開演。
様々な器楽演奏、歌唱、アンサンブルなどが披露されます。
国内外のコンクールで素晴らしい成績を残している小学生のピアノ演奏。
高校生デュオのピアノ連弾。
六重奏アンサンブルなんかも華やかでいいですね。


9日16時20分からは、「ダンス・演芸部門」です。
今年は、演芸部門に昨年を越えるお申し込みを頂きました。
演劇が2組登場。ショートストーリーを披露します。
また、演芸部門らしく漫才に挑戦する方や南京玉すだれの方も登場。
また意外なところでは、声帯模写も披露されます。


翌10日は、13時30分からスタート。
大人気のフラダンスや創作ダンスが披露されます。
今年、初参加のグループも登場します。


夕方16時から「ニューミュージック部門」。
独唱や弾き語りなど個人演奏の披露からバンド演奏まで登場です。
かつて山梨を一世風靡したあの歌、現在山梨を中心に活躍する人気グループが登場します。


まだまだ語り足りない今回のフェスタ県文。
見どころ、聴きどころ満載です。


入場料は、300円で2日間有効。
当日は、出演者とお客様のふれあいコーナーもロビーに用意します。
お楽しみに。

出演者リスト、プログラムは下記をご覧ください。
皆様のお越しをまっています。


■出演者リスト
http://www.yamanashi-kbh.jp/data/pdf_left/7ad0e8dfd26a7f904b7337f412044df3.pdf


■プログラム
http://www.yamanashi-kbh.jp/data/pdf_left/3f4f064df8f4e5bfb938ea8060139ca0.pdf

posted by ミルケ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月28日

[展示コーナー情報]小学生の税に関する習字展

[展示コーナー情報]小学生の税に関する習字展

2013習字展 004.jpg

 現在、コラニー文化ホールの展示コーナーでは「小学生の税に関する習字展」を行っています。
とても小学生の作品には見えない秀作ばかり。

2013習字展 002.jpg

実は、私も小学校時代に習字を学んでいた一人。
どのくらい上手だったかというと、自分の字にほれぼれしてしまうことがたまにあったほどの技術を持っていました。

2013習字展 001.jpg

今回の作品展をみると「この子は私よりうまい!」と思う作品が多数あります。
さすが1600点を超える作品の中から選ばれた作品。


[習字展 情報]
展示期間 1月21日〜2月21日
主  催 甲府市租税教育推進協議会・甲府法人会


皆さんもぜひご覧になって下さい。

2013習字展 003.jpg
posted by ミルケ at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月18日

挑戦者募集『大道芸アカデミー』 先着15名早い者勝ち!

挑戦者募集『大道芸アカデミー』 先着15名早い者勝ち!


観る人を楽しませ、自分も楽しんじゃう大道芸。
「クラウンメイク」から「ジャグリング・バルーン」まで、一度は憧れる大道芸!
最終回は、しっかりメイクして、国文祭で来県したお客様を笑いでおもてなししちゃいましょう。
Let’s “DAIDOGEI”!

ご参加をお待ちしています!!!!!



[講 師] クラウンもっちぃ&クラウンジョーイ

IMG_8134(加工).jpg

○クラウンもっちぃプロフィール
‘94静岡市大道芸カレッジ修了
舞夢踏、清水きよし氏、G・E-JAPAN
白井博之氏に師事
’02から東京・大阪・静岡でプロ・パ
フォーマーとして活動開始
現在は、パフォーマー活動の傍ら、
笑顔の講師としても活躍中



◆募集定員 15名
◆参加料金 ¥7,000円
◆募集期間 4月20日(土)
◆練習日程 5月11日(土)から計10回以上

◆練習日、時間などの詳細、参加申し込み書などは下記をご覧ください。

http://www.yamanashi-kbh.jp/data/pdf_left/aaa92f1594188ee8645001fe92a61e8d.pdf
posted by ミルケ at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月07日

【展示コーナー】山梨フラワーデザイン展

第12回やまなし県民文化祭
「2013山梨フラワーデザイン展」 壁面ディスプレイ

展示期間:2013年1月6日(日)〜20日(日)

全体フラワー 003.jpg
□北玄関を抜けるとすぐ

タイトルフラワー 001.jpg


昨日、総合舞台の公開リハーサルも終え、いよいよ国文祭の開幕が、
刻々と近づいてきました。
そんな折、文化ホールの北側玄関の先、
山梨フラワーデザイン展 壁面ディスプレイの展示が開催されています。

四季をイメージした立体造形で、山梨の原風景が壁面いっぱいに表現されています。



「冬 光輝」 作:フラワースタジオK 奥山幾代子
冬フラワー 009.jpg

冬UPフラワー 016.jpg



「春 花霞」 作:ANAMIZUフラワースタジオ 穴水千鶴子
春フラワー 008.jpg

春フラワー 018.jpg



「夏 SUN 燦攢」 作:ブルーメンミューゼ 安達一栄
夏フラワー 011.jpg

夏フラワー 019.jpg



「秋 綾錦」 作:アダチフラワースクール 安達良枝
秋フラワー 007.jpg

秋UPフラワー 017.jpg


とっても楽しめました。
展示は、20日までです。
ぜひ皆さんもご覧下さい。
posted by ミルケ at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月27日

第九演奏会

 年末恒例の第九演奏会の来場者が、これまで最高の1700人に上った。

第九演奏会・下手.JPG
□演奏の様子


演奏前の大ホールホワイエでは、山梨ジュニアオーケストラがウエルカムコンサート、文化ホールのレストラン・PUBLIC(パブリック)は、ワインのワゴンを出店、ワイングラスを手にした来場者はクリスマスメドレーを楽しんだ。

ワイン.JPG
□ワイン・軽食コーナー

第九1.JPG
□演奏の様子

ウェルカムコンサート(やまなしジュニア・オケ).JPG
□ウェルカムコンサート・やまなしジュニア・オケ


今年も高文蓮の合同合唱隊が特別ゲスト。総勢120人が「ふるさと」など2曲を披露。澄んだコーラスがホールに響き渡った。

高文連合唱.JPG
□高文連合唱団


本番の「第九」はオーケストラ、合唱団総計300名がステージに上がった。
タクトを振る矢澤定明氏は、第九の指揮が200回にも及ぶ。プロの歌い手4人が巧みに合唱をリードし盛り上げていく。

指揮・.JPG
□指揮・矢澤定明氏

第9ソリスト.JPG
□ソリスト

オケ.JPG
□オーケストラ

合唱2.JPG
□合唱団


テノールの川上洋司氏は、文化ホールのすぐ隣が生家。故郷での第九には熱が入ったようだ。練習の成果を存分に出し切ると、会場からブラボーの歓声と拍手が沸き起こった。

演奏会を終えて会場から出ると高校生の合唱隊が勢ぞろいしクリスマス曲で見送った。

最後のサプライズ.JPG
□高文連合唱団によるサプライズクリスマスコンサート

サプライズ2.JPG


来年の国文祭でも8月末、第九の演奏会が予定されている。

歓喜のうた.JPG
□歓喜のうた

高校.JPG
□高文連合唱団

満席の客席.JPG
□満席状態の客席


みなさん、今年も素敵な演奏でした!
お疲れ様でした。
posted by ミルケ at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月14日

県民ロビーにステージを新設!

県民ロビーにステージを新設致しました。
 
その名も、
 
『ミルケ県民ステージ』 です!!
  
  
利用料無料、洋楽・邦楽・演劇などジャンルは一切問いません。
 
県内外のみなさまの「自由な発表の場」としてご利用いただくためにコラニー文化ホール 県民ロビーに『ミルケ県民ステージ』が誕生しました。
 
さぁ、みんなで新しい文化を発信していきましょう!
  
  
*ステージ仕様*
ステージの規格:幅5.4m×奥2.4m×高0.2m
バックパネルの規格:幅5.4m×高2.2m(クリーム色:柄あり)
簡易音響・照明あり
  
  
*お問い合わせ・お申し込み*
コラニー文化ホール 
〒400-0033 山梨県甲府市寿町26-1
055-228-9131 FAX055-228-9137
Mail info@yamanashi-kbh.jp
URL http://www.yamanashi-kbh.jp
 
 
*お申し込み方法 応募用紙に記入しFAXまたは郵送にてお送り下さい。
*応募用紙は、コラニー文化ホールまた県内各所に配置してございます。
  
  
*募集チラシ(表) 
ミルケ県民ステージ@.pdf
 
*募集チラシ(応募用紙です。こちらもコピーしてお使いいただけます。)
ミルケ県民ステージApdf
posted by ミルケ at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年11月13日

県民文化ホールの30年を振り返る年表を展示

 11月23日(金・祝)は、山梨県立県民文化ホールの30回目の誕生日となります。
今年は、文化ホールでも様々な30周年記念事業を実施してまいりました。

東西の噺家が、垣根をとりはらい実現した「ぼっちゃん5」からはじまり、
MALTAさんの山梨ライブ、
地方公演がこれまで開催されなかった「ミュージカル ミス・サイゴン」の公演、
日頃から当ホールを応援してくれている西本智実さんは、自身のオーケストラを誕生させるに当たり、ここ山梨を初演としてくれ、演奏会を行っていただきました。

私たちが考える一つのコンセプト『山梨発のアーティストを地元に紹介』として実施している、先日開催の「ARIA ONEMAN LIVE」では、ARIAが沖縄からミュージシャンを率いて開催し、満員の盛況で終えました。



県民文化ホールのブランドは一朝一夕で成し遂げられるものではありません。
これまでの30年間に様々な人たちの想いが繋がってここまで来たわけです。

そんな30年間を開館から昨年度までをずら〜〜っと年表にまとめました。
30年分をまとめるとなるとそれほどの資料が揃っていませんので、今回は「山梨日日新聞社」さんの協力を得て、揃えることができました。


年表写真s.jpg
数えるのもためらうくらいニュースがのっています。

題して『山梨日日新聞で報道された文化ホール』
毎日、様々な催し物が行われるホールですので、並べたい情報はたくさんあり、どれも展示したい内容ばかり。苦渋の選択でなんとかホールの展示スペースに書き込めるだけにまとめました。

この展示は、今年いっぱい展示しています。
月日の流れに合わせ、記事をまとめ、全ての記事を読むことができます。
また、県民文化ホールは山梨の中核施設です。そのため、その時代々々を反映した催し物も開催されており、「この頃から自然保護を唱えたんだ」とか「情報化社会の片鱗がみえるな」とか「女性参画が唱えられ出した時」とか、とても勉強になります。

また、現在も活躍しているアーティストの若かりし日を見つけるのも楽しみの一つと思います。


さらに先日まで公募していた皆さんのメッセージも展示しています。
かつての発表会のことやこれからのホールへの要望などたくさん寄せられました。
こちらもぜひご覧ください。


文化ホールの展示コーナーにお立ち寄りください。


[展示期間] 2012年12月28日(金)まで
posted by ミルケ at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年11月04日

ペットボトルのキャップがワクチンへ

コラニー文化ホール県民ロビー自動販売機付近に、ペットボトルキャップ回収BOXを設置しております。

ペットボトルキャップ.jpg

皆様のご協力のお陰で、集まったキャップ70kg分を先日、指定業者さんに回収してもらいました。

個数にすると30,100個。過去に回収してもらった分も合わせると、54,100個にもなります。

集まったペットボトルキャップは、リサイクル業者に販売されその収益を使用し、ポリオワクチンを購入。

≪↓証明書です≫
エコキャップ回収.jpg

54,100個のペットボトルキャップは、65人分のワクチンにあたります。

小さな行動ですが、世界の子供たち救う事が出来るんですね。

これからも、皆さんのご協力宜しくお願いします。
posted by ミルケ at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月28日

Arco ilis 活動報告

昨夜、「Arco ilis」(フラメンコサークル)の練習がありました。
12月の公演に向け、月2回の練習を重ねる彼女たち。
少しずつですが技術面では熟成されてきています。
でももっと熟成されてきているのは、メンバーの絆。最初は知らない仲間だったのが、今では年齢を超えて楽しく取り組んでいます。

DSC_0061(小).jpg

本番までもう半分の練習期間が終了しました。
12月の公演では、ステージで全てを出し切って楽しめるようにこれから練習を追いこんでいきます。
ガンバリましょう〜。

DSC_0059(小).jpg
posted by ミルケ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月06日

30年の歴史

本年11月、山梨県立県民文化ホールは開館30周年を迎えます。

記念事業の一環として山梨日日新聞に掲載された文化ホール関連記事を一覧にまとめています。

この度30年分の検索が終了しました。

見て下さい!この長さ。3人で持っていますが、それでもたわむ長さ。

歴史を感じます。

DSC_0222.jpg

DSC_0220.jpg
posted by ミルケ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

【展示コーナー情報】緑が丘未来倶楽部

ただいま展示コーナーでは、6月24日(日)コラニー文化ホール 小ホールでカッコイイダンスを披露してくれた緑が丘未来倶楽部のイベント写真展が行われています。

このイベント名は、「フューチャリズム2012」。
ちびっ子から大人まで、総勢200名を超えるダンサーが、満員のお客さんの前で日頃の練習の成果を披露していました。

緑が丘 004.jpg

会場内は、熱気ムンムン!
ダンスはもちろん、演出もしっかりされていて、とてもカッコイイイベントでした。

緑が丘 001.jpg

緑が丘 002.jpg

この「フューチャリズム2012」の様子を収めた写真展が、9月1日から今月いっぱい展示されています。
出演いただいた方はもちろん、その他の方もせひご覧下さい。


展示名:「フューチャリズム2012」
期 間:9月1日(土)〜9月30日(日)
場 所:コラニー文化ホール展示コーナー
主 催:緑が丘未来倶楽部
    ※入場はどなたでも出来ます。

緑が丘 003.jpg

posted by ミルケ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月31日

夏恒例のインターンシップ

今年も恒例のインターンシップの時期となりました。
例年、たくさんの学生さんに参加して頂くインターンシップ。
今年は、3期に分けての実施です。

第1期は、8月23日〜8月28日の6日間でした。
参加者は、英和大学2名、梨大1名、山梨学院4名、甲府商業4名の11名でした。

どんな学生が参加するか期待の初日は、座学と施設見学会。
指定管理者制度、施設の維持管理、舞台技術管理など多岐にわたる座学と施設内の裏側見学ツアーです。
座学は、学生とはほとんど縁のない内容。どんな感想をもったか分かりませんが、みんな熱心に聞いてもらいました。普段見ることがない舞台の裏側は、みな楽しんでいただいたようです。

2日目は、事業実施の概要の説明といよいよ裏方さんの地味な作業の開始です。
日曜日にお手伝いしていただく「TSUKEMEN LIVE」のチラシ折り込みです。
イベントの前にはいつも行う準備です。とにかくたくさんのチラシを1部、1部に束ねて来場者の皆さんに配布しなければいけませんから準備が大変です。メンバー全員で半日くらいかかりました。

インターンシップ記録 001s.jpg

3日目は、実地研修の初日です。
今日は、小ホールで「NON-STYLE LIVE」。
チラシの折り込みからはじまり、受付(もぎり)、お客様への接遇・誘導と学生達は、馴れない業務にもかかわらず頑張っていました。
この日は、サプライズでよしもと興業及びNON-STYLEさんの好意で、最後にNON-STYLEさんとインターンシップの学生たちで記念撮影をしていただきました。お忙しいところありがとうございました。

インターンシップ記録 003(補正)s.jpg


4日目は、「TSUKEMEN LIVE」です。
午前中は、LIVEで演出する照明の作業を見学してもらいました。LIVEでは一瞬で進んでいく演出ですが、そのために細かく調整している姿を見ていただきました。
お客様への対応は、前日よりしっかりできていました。

5日目は、いよいよ4日間の経験を生かしてイベントの企画立案を行ってもらう時間です。
企画立案は初めての学生たち。生みの苦しみを味わっていました。
英和大学の学生は、この日で研修が終了するため、企画の発表も行いました。
自分の経験を生かした企画でとてもよかったです。

インターンシップ記録s.jpg

最終日は、みんなの企画を順次発表してもらいました。
自分の経験を生かした企画や自分の憧れの企画など若者らしい企画が揃いました。
最後に一人の企画について皆で討論を行い、活発な意見がでました。

学生のみなさん、お疲れ様でした。
これからの皆様の活躍に幸あれ!

posted by ミルケ at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月19日

「マナー講座」受講しました!!

本日は、いつも文化ホールの自主公演の際にお手伝いをしてくださるホールボランティアの方々や、チケットセンタースタッフ含め総勢12名で「接客マナー講座」を受講しました! 
 
 
 
DSC_0168.jpg
 
講師は、山梨文化会館に勤務の内田佳寿子さん。
 
内田さんは、第49回電話応対コンクール全国大会でなんと10,494名の頂点に立ったつわもの。
 
 
2時間の講演時間で、座学だけでなくロールプレイングゲームも交えて楽しく接客マナーを勉強しました。
 
DSC_0181.jpg
 
座学で一番難しかったのが、正しい日本語の使い方。
普段使っているけれど、実は間違っていた!!という言葉遣いがいくつかありました。
 
 
例)×こちらがコンサートのチケットになります。
  →○こちらがコンサートのチケットでございます。
 
ここで○×クイズを出したいと思います。正しい敬語はどちらでしょうか?
 
1.(1)お客様がおっしゃられました。
  (2)お客様がおっしゃいました。
 
2.(1)社長がミュージカルをご覧になられるそうです。
  (2)社長がミュージカルをご覧になるそうです。
 
                     (答えは最後に掲載!)
 
 
DSC_0174.jpg
 
[おじぎの練習]
 
DSC_0170.jpg
 
 
[2人ひと組になって、話し方の練習です。]
 
 
これからも、スタッフ一同、お客様に喜んで頂けるようなホール作りを目指して努力していきたいと思います。
 
よろしくお願い致します。
 
 
 
 
○×クイズの答え・・・どちらも(1)が×、(2)が○です。
          いかがでしたか?(^^)
posted by ミルケ at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月16日

館内ぶらり旅

お盆最終日、暑い日が続いておりますが皆さんいかがお過ごしですか?
 
 
さて、今日は”館内ぶらり旅”と題して館内のあれこれを紹介したいと思います!(^^)
 
 
  
0214 001.jpg
 
まずはこの写真をご覧ください!
こちらは最近できたもので、これまで県民ロビーにあり使われていなかったテレビを公演情報の電子掲示板として設置しました。BGMにはピアノの曲が流れており、雰囲気もより一層引き締まった感じがします...
 
ちなみに、公衆電話の横に見えるのはタクシー電話です。こちらは近くのタクシー会社につながっており、お客様は無料でお電話できます。公演終了時には便利ですね!!
 
 
0214 002.jpg
  
逆光で見えづらいのはお許しください...(-o-;)
こちらは、ホール開館30周年を記念して設置された、メッセージ募集コーナーです。これまでの「文化活動の思い出」や「これからの想い」を募集しております。募集用紙はHPからもダウンロードできます♪
 

http://www.yamanashi-kbh.jp/data/pdf_left/ba49121976ae07fdf328587447cf488b.pdf
 
0214 003.jpg

そして県民ロビーです。大きな窓からすがすがしい景色が楽しめます♪ホールはイベントがない日も朝8時半には開館しています!是非憩いの場としてご利用下さい。

ちなみに小さく見える「ミルケ君顔だしパネル」は、ひそかな人気を誇っています(笑)
 
 
 
 
さて、本日の“館内ぶらり旅”はここまで!
みなさんのご来場をお待ちしております(^^)





posted by ミルケ at 12:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月11日

高校演劇講座

8月8日(水)〜10日(金)コラニー文化ホール小ホールに於いて、高校演劇講座を開催しました。この講座は、山梨県高等学校文化連盟 演劇専門部に所属する生徒を対象に、県大会の会場となるホールを使用して、技術スタッフが指導にあたり、全体のレベルアップを図るものです。

1日目は、ホール内の見学と大道具の建て込み指導。全県から集まった約130名の生徒達が、熱心にスタッフの説明を聞いていました。

【奈落】
DSC_0006.jpg
【調整室】
DSC_2024.jpg
【調光室】
DSC_2029.jpg
【シーリング】
DSC_2032.jpg
【舞台上での建て込み】
DSC_0018.jpg

2日目、3日目は、持ち時間1時間の中で各グループ毎、設営・リハーサル・本番・撤去を行いました。演劇専門部の事務局長である甲府南高校中村先生が選んだ台本を基に、ホールスタッフが音響、照明プランを設計。各グループごとに素材をアレンジしながら、生徒自ら演出を行いました。

【役割などの話しあい】
DSC_0032.jpg
【実際に卓を操作】
DSC_0042.jpg

DSC_0025.jpg

DSC_0038.jpg

音響・照明の操作、全体の進行など、全て生徒が行う事もあり、全員緊張気味。
的確に意志を伝える事の難しさ、時間内に終わらせるための段取りの重要性などなど、多くのものを感じている様子でした。

各日とも、終了時には舞台スタッフのプロの目から見た感想を述べ頂き、中には厳しい指摘も・・・。

今回の経験を活かし、関東、全国と大きく羽ばたいてほしいと願うばかりです。
posted by ミルケ at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記