2013年05月05日

フラメンコ・フェスティバル

 昨年12月のフラメンコの公演から数か月後、文化ホールのフラメンコクラス講師 原先生から
「5月のフラメンコ・フェスティバルに出演します。」
と連絡を頂いていました。
当然、うれしく思い、昨日応援に行ってきました。


会場は、山梨市のフルーツパーク
「山梨フラメンコ・フェスティバル2013」です。

このイベントは国文祭の提案事業のひとつで、会場のフルーツパークはGWでもあり、大盛況!
会場にたどり着くのに一苦労でした。


会場に着くと、華やかな衣装をまとった出演者たちがあちこちにいて盛り上がっています。
また、スペインらしく大きなフライパンでパエリアを作っていて、お客さんはおいしそうに味わっていました。



ステージには、司会者。「さあ、いよいよ終盤です!」

ステージ上の演奏者が演奏を始めると、出てきました「Arco Ilis」のメンバー。
今回は、小林理香先生の教室として、ArcoIlisのメンバーも出演させていただきました。


ArcoDSC_0064.jpg
ArcoIlisのメンバー。懐かしい〜
全員を撮影できずごめんね。



ワークショップ終了から半年弱。
みんな立派になっちゃって、たくさんのお客さんの前でしっかり踊れました。
あのフラメンコらしい衣装も板についている様子。
20分間くらい、メンバーが入れ替わり、得意の曲でつぎつぎ披露しました。
カッコ良かったです。


その後、メインイベント、先生方のソロダンスが披露され、
フィナーレは、イベントに参加したダンサー全員の「セビジャーナス」です。

鮮やか!派手!
天気も良かったので色とりどりの衣装が見事に映え、とってもゴージャズなフィナーレでした。

フィナーレDSC_0067.jpg
ステージ上やステージ前の客席までたくさんのダンサー


客席を埋め尽くしたお客さんの中でも
「フラメンコやりたい!」って方がいっぱい誕生したことでしょう。

みなさんお疲れ様でした。


posted by ミルケ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月14日

新たな気持ちで練習開始!

「やまなしジュニアオーケストラ」新年度初めての練習が本日行われ、新学期で忙しい中、多くの学生たちが練習に駆けつけてくれました。

DSC_0777.jpg

DSC_0780.jpg

4月ながら、照準は11月の国民文化祭・やまなし2013 オーケストラの祭典。

全国有数のジュニアが参加するとあって、よりレベルアップを図っていかなければ・・・。

ガンバレ、子どもたち。

DSC_3349.JPG

DSC_3364.JPG

DSC_3480.JPG

報告が遅くなりましたが、3月30日(土)定期演奏会が無事終了しました。

いつも思う事ですが、本番が近付くにつれ子どもたちの成長は目を見張るものがあります。

11月の大舞台で更に成長してくれることでしょう。



2013年03月27日

いよいよトエルケの指導開始!

今月30日のやまなしジュニアオーケストラ第2回定期演奏会にむけ練習も佳境に入る中、ブルグハルト・トエルケ氏が来日し、23日より指導が始まった。

DSC_0779.jpg

DSC_0807.jpg

これまでの音とどんどん変わっていく。良い方向に。

プロの演奏家。外国人。英会話。様々な要素が子どもたちにトキメキを与え、団員たちを成長させているのだろうか?

英単語がなかなか思い出せない大人を横目に、スムーズに英会話する団員。中にはドイツ語で会話する子も・・・。

勉強するのは「今でしょ!」と心に突き刺さる、あ〜がんばらなくては。私たち大人も。

更に成長させる為には、大勢のお客様の前で演奏すること。是非ご来場頂き、練習の成果を聞いて下さい。

●日時 2013年3月30日(土)
    13:30開場 14:00開演
●場所 コラニー文化ホール 小ホール
●チケット 全席自由500円
●出演 やまなしジュニアオーケストラ
●指揮・ヴァイオリン ブルグハルト・トェルケ
●指揮 薬袋貴 田中正司
 
●演奏曲目
 
◎14:00〜"ブルグハルト・トェルケ〜ヨハンシュトラウスに思いを寄せて〜"
ヴァイオリン:ブルグハルト・トェルケ / ピアノ:廣瀬史佳
 
*喜歌劇「こうもり」序曲
*「ウィーンの森の物語」
*ワルツ「南国のバラ」
*ワルツ「春の声」
*ワルツ「美しく青きドナウ」
 
◎14:45〜"やまなしジュニアオーケストラ"
 
*主よ人の望みの喜びよ(J.S.バッハ)
*リュートのための古風な舞踊とアリア 第3組曲より(レスピーギ)
 ・イタリアーナ ・シチリアーナ
*ブルータンゴ(ルロイ・アンダーソン)
*クラップフェンの森で(J.シュトラウス)
*かじやのポルカ(J.シュトラウス)
*雷鳴と雷光(J.シュトラウス)
*ウィーン気質(J.シュトラウス)
*ペールギュント 第1組曲(グリーグ)
*アルルの女 第2組曲(ビゼー)
*花のワルツ(チャイコフスキー)

2013年03月21日

ニューミュージック部門C

ニューミュージック部門の続きです。


K七福神

日頃は、東京で活動をする七福神。今回は故郷の山梨で歌やダンスを披露してくれました。
会場も巻き込み、ハーモナイズも巻き込み、ホールのスタッフをも巻き込んだステージでした。
素敵な曲をありがとう。また一緒に踊りましょう。

DSC_2174.jpg

DSC_2184.jpg

DSC_2210.jpg

DSC_8851.jpg

DSC_8919.jpg



LDOGGY STYLE

ますます精力的な活動を続けるDOGGY STYLE。今年の大トリでした。
さすがのパフォーマンス! もっともっとビック目指してカンバレ!
応援します。


DSC_2331.jpg

DSC_2348.jpg

DSC_2355.jpg

DSC_2372.jpg

DSC_2390.jpg

DSC_2441.jpg

DSC_8934.jpg

DSC_8969.jpg

ニューミュージック部門B

ニューミュージック部門の続きです。


G久留美さくら

2年前、東北での悲惨な情景を目の当たりにして、そこで感じた「ふるさと」への思いを歌にしました。

DSC_1923.jpg

DSC_8744.jpg



H成島秀樹

初めての舞台での披露でした。緊張していましたが、演奏技術はかなりのもの。
これからもいろいろな所で舞台を楽しんで下さい。

DSC_1948.jpg

DSC_1971.jpg

DSC_2004.jpg



I伊東まり

名曲たちをしっとりと歌い上げました。

DSC_2013.jpg

DSC_2051.jpg

DSC_8781.jpg



JTHE BASE

キャロル、矢沢永吉さんをこよなく愛するオヤジさんたちが、会場を盛り上げました。

DSC_2081.jpg

DSC_2067.jpg

DSC_2089.jpg

DSC_2143.jpg

DSC_8821.jpg

ニューミュージック部門A

ニューミュージック部門の続きです。


Dサガノユウキ

フェスタ県文に申し込んだ後、他県へ転勤になってしまったサガノさん。
当日は、わざわざ駆けつけてくれました。山梨を忘れないでね。

DSC_1469.jpg

DSC_1490.jpg

DSC_8669.jpg



E原田喜照 with U.F.O

かつて山梨を席巻した甲州弁ラップ「だっちもねぇ こん いっちょし!」の原田さん。
ステージの盛り上げも演奏もピカイチでした。
今年は、国文祭の盛り上げのために尽くしてくれます!

DSC_1681.jpg

DSC_1694.jpg

DSC_1558.jpg

DSC_1715.jpg



FRie×B.トラクターズ

メインヴォーカルを務めた梨恵さんが、恋焦がれて今回のステージとなったRie×B.トラクターズ スペシャルバージョン。
梨恵さんオリジナル曲がバンド演奏で披露されました。

DSC_1792.jpg

DSC_1769.jpg

DSC_1778.jpg

DSC_1856.jpg

DSC_1800.jpg

DSC_1897.jpg


ニューミュージック部門@

3月9日(土)・10日(日)の2日間、「フェスタ県文ステージまつり」が行われました。


今年のフェスタ県文は、44組 450名の皆さんが日頃の練習の成果を発揮。


クラシック部門、ダンス・演芸部門に続き、ニューミュージック部門も紹介。
みんなホールの特徴を捉えて、カッコイイステージに仕上がっています。


[ニューミュージック部門]


@K^4

ケー・トゥー・ザ・フォース・パワーって言います。
かわいいヴォーカルと演奏見事なバンドでした。

DSC_1141.jpg

DSC_1150.jpg

DSC_1153.jpg

DSC_1167.jpg

DSC_1190.jpg

DSC_8608.jpg



Aジョニー山田

キャロルを愛するジョニーが、思う存分、弾き語りました。さすがです。

DSC_1252.jpg

DSC_1240.jpg



B横内くん

かつてのフォークソング全盛時代を思わせる当時の詩情(しじょう)豊かな演奏でした。

DSC_1317.jpg

DSC_1329.jpg



CHARMONIZE

ちまたでは既に話題の中学生ギターデュオ。初めて文化ホールのステージに立ってもらいました。
噂どおりにさすがです。

DSC_1387.jpg

DSC_1383.jpg

DSC_1420.jpg

ダンス・演芸部門E

ダンス・演芸部門のつづきです。


Pプリメリア・アロハ

いつも互いに励まし合いながらフラに取り組むプリメリア・アロハの皆さん。
曲に込められた想いを会場へ届けました。

DSC_0407.jpg

DSC_0463.jpg

DSC_0497.jpg

DSC_0550.jpg



Q長唄 初音会ジュニア部

三味線・長唄の後継者育成へむけて取り組む初音会。
見事に演奏を披露しました。日本の文化伝承のためにも頑張れ!

DSC_0569.jpg

DSC_0611.jpg

DSC_8450.jpg



R踊らんかい舞衣

地域の活性化と健康のためにと立ち上げて7年。今では板に付いたダンスを披露していますね。

DSC_8461.jpg

DSC_0661.jpg

DSC_0688.jpg



S山の都フラスタジオM

素晴らしいコンビネーションとダンスを披露する山の都フラスタジオの皆さん。
今回は、フラらしくない曲もチャレンジ。

DSC_0691.jpg

DSC_0827.jpg

DSC_0850.jpg

DSC_8527.jpg



(21)ハーラウ カヴァイオラー イ カ ヒキナ 山梨校

演奏や歌ありと舞台の構成もしっかり準備して披露してくれました。
楽しかったです。

DSC_0907.jpg

DSC_0896.jpg

DSC_0949.jpg

DSC_1008.jpg

DSC_8555.jpg

ダンス・演芸部門D

ダンス・演芸部門の続きです。


Mプリマヴェーラバレエ

小さい子ども達のクラシックバレエ。「眠れるもの美女」を披露。
バレエとオペラ「カルメン」のコラボレーションに挑戦してくれました。拍手〜!

DSC_9542.jpg

DSC_9630.jpg

DSC_9598.jpg

DSC_9668.jpg

DSC_9729.jpg



Nカロケ メレメレ フラスタジオ山梨校

日本でも有数のフラスタジオ。子どもから大人まで綺麗なダンスを披露してくれました。

DSC_9736.jpg

DSC_9790.jpg

DSC_9939.jpg

DSC_9875.jpg

DSC_8381.jpg



O☆INGダンシング

いつもとりにどのグループに来てもらうか悩みどころ、今年は派手にジャズダンス。
みんな思いっきりカッコつけて魅せてくれました。

DSC_0015.jpg

DSC_0104.jpg

DSC_0210.jpg

DSC_0302.jpg

DSC_0381.jpg

DSC_0395.jpg

ダンス・演芸部門C

ダンス・演芸部門のつづきです。


Iスマイル スマイル

漫才初挑戦という二人。感じさせない出来栄えです。将来がたのしみ!
画面向かって左側の子は、舞台に立つ前に「緊張ではきそう」とまで言っていたのに舞台に立つとそのそぶりは全くなし。舞台でいきいきする人っているんですよね。

DSC_8851.jpg

DSC_8877.jpg

DSC_8881.jpg



JS.K.Shore 笠井サチコ

今回の目玉、「声帯模写」。
不思議なステージを披露してくれました。
差し入れありがとうございました。

DSC_8906.jpg

DSC_8928.jpg

DSC_8947.jpg



KTake Black

前回同様、カッコ良く綺麗なダンスを披露してくれた仲良し3人組。
今年は、進路を決める年だそうです。3人に幸あれ!

DSC_8953.jpg

DSC_8982.jpg

DSC_9036.jpg

DSC_9044.jpg

DSC_9048.jpg



Lみんなでダンシング

ダンス好きが集まった子どもから大人まで。見事なコンビネーションでした。

DSC_9064.jpg

DSC_9092.jpg

DSC_9213.jpg

DSC_9259.jpg

DSC_9307.jpg

DSC_9461.jpg